スタッフ見聞録

ビジカジ解禁!

2020年4月7日|カテゴリー「ひとりごと
こんにちは!設計の石橋です。

この前、遂にウチの会社でもビジカジ解禁宣言がなされました!

お庭をオシャレにデザインをする仕事なので服装もオシャレにしようということでした。

で私は思いました。
「そもそもビジカジって何?」「そんなオシャレな服持っていたっけ?」

まず、(皆さんご存知とは思いますが)ビジカジとはビジネスカジュアルの略です。

ビジネスシーンにおけるカジュアルなスタイル。そのままですね。

これだけじゃよくわからないのでチョロっとネットで調べてみました。
が、定義が曖昧でやっぱりよくわかりませんでした。笑

まあ、上下組みでないテーラードジャケットと
センタープレスの折り目のあるようなスラックスパンツの組み合わせ
みたいなのがよく見るビジカジって感じですかね。

調べてばかりでは何も進まないので、とりあえず実践!!

jojo_ishibasi
(自分の画像がこんなに拡大表示されると恥ずかしい…)
今回のファッションは
ピンクのシャツ、ネイビーのパンツ、グレーのカーディガン。相性の良さそうな色で合わせてみました!

ポーズは「ジョジョの奇妙な冒険」よりジョルノジョバーナのポーズをチョイス。

画像の編集は、パースコンテストの結果発表はまだかとソワソワしている是永氏がやってくれました。
ジョジョはよく知らないとのことでしたが、ジョジョっぽく仕上げるあたり流石ですね。笑
編集ありがとうございました!!

…画像は少し遊びすぎな気もしますが、
ビジカジで今後社員一同オシャレに気を使えるようになればと思っています。

こうきたんしゅく  ( ´艸`)

2020年3月24日|カテゴリー「スタッフ見聞録
現場確認に行ってみたら

あれま・・・。

道路からの現場進入口に浄化槽が・・・。

ど・・ど・・ど~~ん。
d28488fd07bc17c033909e3562acf804




現場内に侵入できません。
24c268e3f0d5fd4e5180521c09baf858



ひと安心です・・・・。でも・・・・。

まだまだ問題山積みです。

アスファルトの水勾配が必要なので、GLを上げてみました。

すると、

コンクリートを打ちたいのに、スキ間がありません。
a2ec5e1ffb606c250ba0ba36ae62385d



他にも、


aa079b5640be1341bbb597057b9e1b2e



普段は、CBを1段積んでからの土間コンクリートです。

そして、コンクリート養生後に再びCBを積みを行い

それからのフェンス工事になります。

通常だと、そこまで工事を行うのに1週間位かかりますが・・・・。





今回の目標   こうきたんしゅく 
RIMG9364
b10f9b5b2e24e64224f385ee6d4592b6



フェンスの柱まで・・・・。やっちゃいました。


でも、考えはあります❕❕

一輪車がダメなら・・・・。 上があるじゃん❕❕

逆転の発想です。❕❕


そう❕❕  ポンプ車です。














631bf3bb6ec71f86ec1909e9659bcd10



右側の電柱と電線をかわしての施工❕❕



584341543fd63aaea19896d6577a476a



左側は建物及び、電柱と電線をかわしての施工です。❕❕


すると・・・・。



60f795b48f5b2c488cee4a84247c40d0



バルコニーの床を取り外しての施工が可能❕❕



9a3c4cef8dd5da9b96ab37720c9150b1


フェンスの柱まで建てても施工が可能になりました。
49024241bab00c44d859e8ae39c90c5c
5f7cd545645bc357456151d2191f8384




困った時には、人・物・❓❓

人・物・機械 
RIMG9431



なんとか、工期内に完成することが出来そうです。




敷地内への進入及び、敷地内での作業を快く了承して頂いた

N様、本当にありがとうございました。

CADに無いデータは・・・

2020年3月21日|カテゴリー「スタッフ見聞録
こんにちは!設計の石橋です。

今回は図面・CADのことです。

私達はお施主様への提案に図面を作っているんですが、この図面を作成するソフトがCADです。
(弊社ではRIKCAD(リックキャド)という株式会社ユニマットリックさんのソフトを使用しています。)


で、たまにあるんですが、車の絵を入れてほしいという依頼。

RIKCAD車データ
←こういうデータがRIKCAD内に存在するのですが、


フェラーリやベンツといった高級車だとなかなか…


というか車種が少ないんd…


いや、なんでもないです。

確かに「車に思い入れがあるから是非とも入れたい。」

「家の外観やカーポートと合わせて見るとどうなのか見てみたい。」

という気持ち、よくわかります。

というか、私も見たい!入れたい!!

でもお客様がお持ちの車と同一の車種ってなかなか無いんです(TдT)

ご要望に答えられないんです(号泣)

と、そこへユニマットリックさんからこんなお知らせが。
RIKCADお知らせ

こ、これは…!! 早速試さなくては!!

車検索結果
ということで試しに「車」で検索して見ました。

結果は→の通り。

CADには無いデータがざっとこれだけ。




BMW検索結果
検索ワードを「BMW」に変更したら

こんな感じ→
なかなか良さそうです。(*^^*)

正規のCADのデータではないのでデータ入力にちょっとした問題はありますが、

イメージを見てもらうだけならこれで十分です。お客様からの要望もこれならクリア出来そうです。

尚SketchUp内には車以外にもデータがあります。

車以外でもお客様のご要望に答えられるよう、できる限り図面に反映させますので、どんどん要望をお寄せください。


ちび○○子ちゃん
ちなみにこんなの↑もあったんですけど、著作権とか大丈夫なんでしょうかね?

うーん、場合によっては要望に答えられないかもしれないです…。


デザインに迷ったら

2020年3月9日|カテゴリー「スタッフ見聞録
IMG_0452
最近、デザインの参考に使っているアプリをご紹介します。

Pinterestです。はい、もうさすがネットの世界、鬼のようにさまざまなデザインが膨大な数あがってきますので、
まずはばぁーと閲覧していきます。

で、

気になるデザインはチェックを入れさらに詳細をみたければサイトへアクセスするという流れです。

外構にとどまらず、洋服、車、料理、もうとにかく様々な素材が写真として掲載されているのでみててあきませんし、勉強になります。

Pinterestおすすめです。

とくに、外構のイメージが漠然として、どういうのがいいのかわからない、、、と言われるお客様にも私はこちらのアプリを閲覧されることをおすすめしています。

三協アルミさんの表彰式

2020年2月15日|カテゴリー「スタッフ見聞録
おはこんばんちは、設計の中村穂高です。

昨日は社長といっしょに、三協アルミさんの表彰式にいってきました。


三協アルミさん表彰式
プレゼンテーション部門で、特別賞をいただくことができました。

ヤッター!




表彰式
表彰式
三協アルミ 副社長様といっしょにパチリ。


表彰式にお呼ばれされることもうれしいのですが、
表彰式の醍醐味はやはり、審査員の先生の講評。

受賞作品1点1点を丁寧に解説してくれます。

どこがよかったのか、評価されたのか、
この植木の使い方がニクイ。
線の使い方が玄人っぽい。

などなど、
自分の作品に限らず、他社の受賞作品もとても勉強になります。


賞を取る作品には、それなりに理由があるんです。


また今年もがんばって応募します。

私の作品がどんなものか、興味ある人はこちらをクリック
受賞歴紹介のページに飛びます。




あ! まだ受賞歴のページを更新していなかった。(≧▽≦)

石橋と是永の分はちゃんとアップされています。

できた後輩でよかった。






私も近々アップします。








ちなみに私は、フォーグが好きです。
フォーグアクア
フォーグアクア。

クールです。






yame-TOWN

2020年2月8日|カテゴリー「ひとりごと
IMG_5582
ここはどこでしょう?
ご存知でしょうか?

写真だけで分かる方はかなりの福岡通ですね!
ヒントは茶室です!

IMG_5583
時は戦国時代・・・

武士が入口の前で刀を置いては入れるように・・・
頭を下げて入れるように・・・

などなど、諸説ありですが、

小さな入口で
狭い茶室が奥行を感じて広くなる効果もあるのかなぁ
と感じておりました
IMG_5585
中をのぞくとこんな感じ

おぉ・・・

エレガントでゴージャスだ・・


きっとお茶飲んでも味感じない気がする
落ち着けない気がする
IMG_5584
ランマのこまかな細工から
金箔の美しい貼りかた
とてもきれいで圧倒されました

技術の高さが素晴らしすぎます

美しいもの 素晴らしいもの

勉強にもなるし
もっと色々なものを見て
見識を深めていきたいと思います


抹茶アイスクリーム美味しかったなぁ 今林 剛

スタッフはこんな人

2020年2月1日|カテゴリー「ひとりごと
こんにちは!I氏こと設計の石橋です。

最近は冒頭に「I氏こと」って入れてるんですが、これはコチラのブログの記事が原因ですね。
お絵かきは楽しかったんですが、読む側としては「I氏…?N氏?誰?」状態ですよね。

イニシャルだけとか微妙に名前をボカしてあるとモヤモヤするんですよね。しちゃいません?

だから以前掲載したお絵かき、誰が書いたのか全部紹介します!!
ついでにスタッフ紹介のページに飛べるようにリンク貼っておきます。 スタッフ紹介
IMG_3506
左上:永沢くん 中村作(画像を見ながら)

右上:みぎわさん 石橋作(画像を1分見た後)

右上:永沢くん 中村作(左上の永沢くんを書いた後何も見ずに)

左下:藤木くん? 中村作(何も見ずに)

右下:藤木くん永沢くん野口さんまる子ちゃん 石橋作(何も見ずに)

右下:まる子ちゃん(座敷童風) 是永作(何も見ずに)

右下:みぎわさん全身 今林作(何も見ずに)


線が雑なのはだいたい私(石橋)です。みぎわさん以外は30秒以内で書いてますね。
中村氏の藤木くんは原型をとどめてな…いやなんでもないです。

あ、この前花輪くんも書いてましたね。これも紹介しときましょう!
IMG_3569-e1580362469742
左上:花輪くん顔のみ 石橋作(何も見ずに)

右上:花輪くん全身 今林作(何も見ずに)

左下:花輪くん顔のみ 井上作(何も見ずに)

右下:花輪くん全身 是永作(何も見ずに)

コチラはなんというか…こ、個性的ですね!これ以上のコメントは控えておきます!!


…えー、ここまで書いておいてなんですが、これ仕事に一切関係ないです笑
絵心=デザイン力ってわけではないですし。
だけど、スタッフがどういう人かっていうは少し分かりますね。

今回お絵かきをした人の他にも、おもしろいスタッフが多いので
これを機に弊社スタッフに興味を持っていただけたら幸いです。

感動パース!

2020年1月17日|カテゴリー「スタッフ見聞録
こんにちは!I氏こと設計の石橋です。

昨日、RIKさんのパースセミナーに参加してきました!

RIKさんでは毎年1月にパースコンテストの受付を開始しているのですが、
この時期にセミナーを開催するということはコンテストに活かせということなのでしょう。

というわけでガッチリ聞いてきました!!

今回のセミナーでは2016年、2017年と2年連続でグランプリに輝いた米田さんを講師に招き
テクニックを御教授いただきました。(2年連続グランプリって確かパースコンテスト史上初の快挙です!!)

セミナーの名前も『感動パース テクニックセミナー』米田塾!
米田さんを前面に押し出した名前。それほどのネームバリューってことですね。

内容の方は割愛しますが、簡単にいうと
奥行きの表現はどうするか、よりリアルな表現のために何をしているか
見せたいものはなにか、そのためにどういう配色、配置にするか…etc

7年くらいパースを作っていますが、知らない事だらけで目からウロコどころじゃなかったです。

いつも使っているアレにこんな使い方が!?
存在自体は知っているけど、使ったことのない機能。使うとこんなに便利だったとは…
みたいな…笑

ちょっと色々試してみたくてウズウズしてます笑

コンテストの方も教わったことを活かして制作していくので今年のパースコンテストは期待してください。
(もちろんお客様への提案図面の方にも活かしていく所存です。)

ちなみにパースコンテストの過去の受賞作品はコチラからご覧いただけます。
弊社の受賞作品はコチラから。

例年どおりなら4月くらいに2020年の受賞作品が掲載されると思います。
きっとその中に私の名前が…

ちなみに米田さん、わざわざ札幌からお越しいただいたようで…
もうこんなお話を聞く機会二度と無いかもです。ほんとに今回参加してよかった(*^_^*)

今年のプレゼントは大掃除でお願いします。

2019年12月24日|カテゴリー「スタッフ見聞録
おはこんばんちは、設計の中村穂高です。


この「おはこんばんちは」、私のブログの書き出しにしています。

先日こどもを映画に連れていきまして、見た映画は「妖怪ウォッチ 猫はヒーローになれるか」

そこに登場する臼見沢先生が同じセリフを使ってました・・・・・・。



こんな先生↓↓↓↓↓

ad7b6fad83deaaf783e8946d15382135
あ~あ、

軽くショック!
こどもたちには、同じあいさつをしている とか言えない・・・・・。





今年もあと1週間、

仕事のやり残しがないようにがんばります。



プライベートの年賀状も書かないといけないし、家の大掃除も。

何かと忙しい。

サンタさん、こどものプレゼントはいらないから、大掃除してください。



旧友の作品展

2019年10月18日|カテゴリー「スタッフ見聞録
おはこんばんちは、設計の中村です。

今週、一日おやすみをいただき、単身大分に行ってきました。

ラグビーワールドカップを見にいったわけでも、温泉に浸かりに行ったわけでもありません。


じゃん!


磯崎新氏 アートホール
磯崎新氏設計の大分アートホール。






建築を設計するということ
大学の友人が、こちらの作品展に出店すると聞いたので、見にいっておりました。



おもしろい!作品展って、施工写真の展示が一般的ですが、
今回の展示会のテーマが
「建築を設計するということ」 

となっており、
それぞれの出店者が、自らの作品をこのテーマを切り口として、見つめ直していました。


そして、それがとてもコンセプチュアル。


学生時代を思い出しますが、
設計していて、「なんとなくこうしました。」じゃ通用しないんですよね。

デザインの理由を言葉にしないといけない。
”コンセプト” 明記しないといけない。

この作品展は、そんな学生時代を思い出させるものでした。


窓サッシの組み合わせ
窓サッシを組み合わせたデザイン。




模型の山
これは「模型を積んだ山」ではなく、「模型を積むことでできた作品」なんですよ。

もはやインスタレーション。



会場
会場の椅子の並べ方にも意味があるんです。

椅子は、コッシーに代表されるように「擬人化」されやすい。

前と後ろがあり、その並べ方でベクトルが生まれるというコンセプトで並べられている。




うーーーーん、哲学的だ。




最後に友人の作品


設計する06
設計する07
緻密な模型。

すげえ!



友人ともたくさん話しをすることができ、
とても刺激的な一日でした。



で、この作品展が、(大分にゆかりのある)40歳以下の若手建築家の手によるもの、という点もすごい。



すげえすげえ。

もっとがんばらないと。


日々研鑽、日々修行、

2019年9月4日|カテゴリー「スタッフ見聞録
IMG_7522-e1567556390638
よりよいものをお届けするために、定期的にお題を決めてそれぞれデザイン、プランを出し合いコンテストを開いております。

今回のお題は門柱です。

高さ1.4m 幅1m の中にどれだけアイデアをそそぎこむことができるか。

皆、思い思いのデザインを出し合い研鑽していきます。

自分のプランにはないもの、アイデア、工夫を共有することでさらによいもの、シナジー効果が生まれるよう日々修行です。

今回は田川のプランが最多得票数で優勝しました。

次回のお題はアプローチ。

いろいろな制約がない分、自由にプランがつくれるのですが、この自由につくれるということは自分の中でしっかりとしたコンセプトをもっていなければプラン自体がとんでもない方向にいくこともしばしば(汗)

よりよいものを目指して切磋琢磨してまります。

松尾
IMG_7523-e1567556375733
優勝者には豪華景品を

年間総合優勝には、、、(^^)

ぐりーんかーてん

2019年8月23日|カテゴリー「スタッフの趣味の◯◯
IMG_2594
2019年夏!
ついに開業しましたね!西新プラリバ!!
完成には2021年まで待つことになるそうですが・・・

プラリバの名前が残り
なんだか嬉しい気持ちがこみ上げてきます

大学時代、歩いてよく行っていたのが懐かしい。
商店街の居酒屋はもっと通っていましたが・・・


Newプラリバの外観は
前世代と比べてよりスタイリッシュでモダンな感じでオシャレです
まわりの西新・百道の街自体も
最近は再開発で、どんどんオシャレな街に変貌を遂げております

久しぶりに来たらビックリしました

IMG_2595
郷愁にひたるのはここまでにして

ふと気になったところがありました
外観右側のこちら側の写真


気になったのは
階段ではないです
良いタイル貼りだなぁ・・
立入禁止の黒のコーンカッコいい・・・



も思いましたが、気になったのは別のところ
IMG_2597
外壁のグリーンカーテンです

地面に植物があるのではなく
壁です。

近づいてみたのが右の写真です  ⇒
                ⇒
                ⇒

IMG_2596
外壁に土が立っている?!

変な表現ですが
そんな感じ
本物の植栽が植えることができている・・・

土がこぼれたり流れたりしないのか・・・
両側の枠とシートで土を抑えているのか?

高いところの水やりはどうするんだろう?
まさか外壁に管がとおしてあるのかなぁ?
天然の雨で十分なのか・・・


色々と考えさせられました

とにかくスゴイ!!
2021年完成予定の
屋上のリーフガーデンも楽しみです

刺激をもらいにまた出かけてみようと思います。


古いアルバムの中に隠れて想い出がいっぱい  今林 剛
scroll-to-top