あらゆる

あらゆる事態が想定されうる昨今の状況において、

建築業界もやはりコロナの影響を受けております。

俯瞰してみれば、今はもう、全世界の人々がそうであり、自分だけが大変なわけではない。と冷静に頭を切り替え、できること、やれること、をきちんとこなし、この窮状を打破していく必要があります。

おそらく、コロナが収束しても経済には長期的に影響を受けますでしょうし、回復には時間を要するかもしれません。

しかし、我々日本の先輩方は欧米列強に屈することなく、戦後復興を乗り越え、震災をのりこえ、耐えがたき艱難辛苦を乗り越えてこの日本の礎を気付いてきてくださったことを思えばこの状況もきっと乗り越えれるはずだと希望を捨ててはいかんなと。必ず活路はみいだせるはずです。

ピンチはチャンスの顔をしてやってくる。これはもう不変の真理ですね。

とにかく罹患された方々の一人でも多くの回復を願います。そして自分が罹らない、感染させないこと。

乗り越えた先には全世界がたくましくなっていると思います。

Pray for world

松尾