プランニングの豆知識

タイルの種類

2019年9月17日|カテゴリー「プランニングの豆知識
こんにちは!設計の石橋です。

前回タイルの話だったので今回もタイルのお話を…。
今回はタイルを選ぶ際の注意点です。

玄関やテラスのタイルを選ぶ際には、色やデザインだけでなく、滑りにくさやお掃除のしやすさなどを考慮し、
使用する場所に適した機能を持つタイルを選ぶことが大切です。

以下にタイルの種類をかんたんに掲載します。

●釉薬(うわぐすり)の有無による種類
施釉タイル
施釉(せゆう)タイル
表面に釉薬を施したタイル


無釉タイル
無釉(むゆう)タイル
釉薬をほどこさず、素地がそのまま表面となるタイル


●吸水率による種類
吸水率による種類


滑りにくいタイル、熱が伝わりにくいタイル、水に強いタイルなど、タイルにもさまざまなメリットがあります。
しっかりと用途にあったタイルを使わないと、経年変化が早まってしまう場合があります。
用途に合ったタイルを使うことで、長持ちするエクステリアタイルにしましょう。

タイルのカット

2019年8月31日|カテゴリー「プランニングの豆知識
こんにちは!設計の石橋です。

連日の雨、雨、雨…
他の人も雨関連の記事多数…
なので気分を変えて、雨と全然関係ない記事を書いていきます笑

ということで、今日はタイルテラスについてのお話です。

タイルテラスと言えば、、
「見た目が良い、経年劣化が少ない、リビングとの一体感がある。」
といったメリットがあるイケてる(←死語)エクステリア。

ただ値段がネック…という方も多いです。
タイルテラスは贅沢品の部類ですので、どうしても予算の都合上外されてしまいがちなんですよね(ノД`)

それに施工も大変で、高い金額を払ったのに、ちゃんとした仕上りじゃないってことも…
そうなるとやはり損した気分になりますよね。
ですので、しっかりとした知識を持って施工を考えてもらえればと思います。

必要な知識は多く全部紹介出来ないので、今回はタイルについて


まずタイル一枚一枚をよーく見ると、面取りというものがあります。
※面取りとは、工業製品(鋼材、木工など)において、角部を削り角面や丸面などの形状に加工する工法である
Wikipediaより
300角タイル
300角タイル拡大
実際の外用タイルはこんな感じ。ちょっと面取りわかりにくいですね…
よーく見ると面取りされているのですが。
タイル面取り
↑のようなのが面取りです。
※外用タイルの画像ではないですが、イメージがわかっていただければ。

この面取り、何のためにあるかというと、怪我防止のためです。
面取りされてないと、角がとがって怪我の原因に!!
タイルテラスなんかは裸足で歩くという方もいるのでとても危険ですね。

普通、タイルは面取りされているので良いのですが、
タイルをカットしたりするとそのカット面、
タイルカット赤色部分
上記画像でいうと赤色部分が面取りが無くなってしまいます。

ですのでタイルのサイズに合わせて出来るだけタイルカットが不要なものを提案しています。
一般的なタイルサイズの30cm×30cmでしたら、
テラスも30の倍数の大きさ(360cm×240cmのテラスなど)といった具合ですね。

どうしても敷地の形状の都合上カットが必要な場合は
タイルテラス縁取り
このような形でカットしたタイルが端に来ないようにします。

このようにタイルの貼り方一つでも職人さんの気配りが実感できますね。
一度タイルを見て、職人さんの気配りに思いを馳せつつ安全快適なテラスライフを謳歌してはいかがでしょうか。

夏はリゾートが恋しくなる。

2019年8月1日|カテゴリー「プランニングの豆知識
こんにちは。
是永です!

とっても暑い日が続いてますね…。
お風呂に入っているかのような気温です。

今日の久留米市は最高気温36°
明日の予報は39°

もうこの暑さに嫌気がさします。
皆さん、熱中症にはご注意してくださいね!



さてさて、ブログの本題に入りますが
皆さん、夏って言ったら「リゾート」

あーリゾート行きたい・・・。


最近では、お庭をリゾートテイストにしたい!って方も増えてきました。
そこで、今日はリゾートテイストに合う植物をご紹介♪

基本ヤシ系の植物を入れると一気にリゾートテイストになるのですが
今日はヤシ系は省きますね。



まずは

マキバブラシノキ属

n0520-1-e1564633061311

オーストラリアやニューカレドニアなどで30種も分布する常緑樹。
有名な種類はブラシノキ。
日本で多く流通しているブラシノキというのは和名で別名スペキオススといいます。

低木から高木まで種類があり、5月に咲く赤いブラシのような花が特徴的。
赤い花以外にもピンクや白もあります。

ニューサイラン

image1-90-1024x768-e1564634281318
シュッとした長い葉を株元から扇状につける多年草。
主な原産国はニュージーランド。
ニュージーランドの気候は日本と似ている部分もあるので
ニューサイランも日本の土壌でも植えることができます。
寄せ植えな


コルジリネ

nyusairan2-j-e1564634308592
赤い葉のものは多く見かけることもあるのではないでしょうか?
他にも新葉や黄みがかった葉もあったりする常緑樹です。
コルジリネドルセナとも間違われることもありますが種類が違います。
地下部に多肉質の根茎があるのが特徴です。
またカラーリーフなのでお庭のアクセントにも◎


そのほかにも
・アガベ(ニューゼツラン)
・オリーブ
などがあります。

リゾートと言っても南欧風リゾートにするのか、アジアリゾートにするのか
リゾートと言っても種類があるので
どのようなリゾートテイストにしたいかによって
どの植栽を植えたらいいのか変わってきます!
ぜひ、リゾートテイストをご検討中の方は自分のイメージにしっくりくるものを
検討しながらお庭を作ってみましょう♪





リゾートテイストにする際は、ファニチャー(椅子やテーブル)などがあると
より一層お庭でくつろげますよ♡



雨に濡れずに玄関まで・・・

2019年7月24日|カテゴリー「スタッフブログ
IMG_07811-e1563940938756
今年の梅雨時の、集中豪雨・・・。
やっと、梅雨が明けました。
そんな中、お車から玄関まで、どうにか雨に濡れずに
行けないものかとのご相談。
今回ご提案させていただき、ご採用頂きました商材は、
三協アルミのUスタイル。
現場の状況、寸法等に合わせての調整ができ景観的にも
重々しくなく、スタイリッシュに仕上げることが
出来ました。
お外回りは、色々な状況があり、ご要望もあるかと
思います。
お客様のご要望にお応えし、ご満足のいく工事をと
思う今日この頃です。

田川

スロープの勾配

2019年7月10日|カテゴリー「スタッフブログ
こんにちは

最近スロープを作りたいという依頼を受けましたので、スロープの勾配について書きたいと思います。

病院や公共施設等では、バリアフリーの基準から、1/12以下の勾配でスロープ幅は1.2mを取られていると思います。

1/12勾配と聞いてもどのくらい上がるのかわかりづらいかと思いますが、1m進むと大体8cm程上がるぐらいになります。

ということは、ざっくり40cmの高さの階段をスロープにするとすれば5mぐらいの距離があれば
バリアフリーの基準で作ることができます。

この勾配だと介助者の負担にあまりならずに車椅子を押して上ることが出来るかと思います。

敷地の形状等で1/12勾配が取れないときは、1/8勾配になったりすることもありますが、

この場合は介助者の負担がかかってきます。

上りはもちろん押し上げる力が必要ですが、下りの場合だと前向きに下ってしまうともし手が離れたときに

そのまままっすぐ進い危険なので、後ろ向きに下っていく必要があります。

スロープ工事をお考えの方のご参考になればと思います。

井上
scroll-to-top