タイヤの乗る部分だけコンクリート舗装するプランに物申す!

おはこんばんちは、設計の中村(穂)です。


今日はマジメなエクステリアネタ。

予算の厳しいお客様によくこういう提案をします。


わだち
駐車場の舗装部分をタイヤの乗るところだけ、コンクリートにして、
タイヤが乗らない部分は、砂利や芝にするというもの。

砂利や芝は、コンクリート舗装に比べると金額が安いので、てっとり早く金額を落とすには確かに有効な方法です。



けれど、10年このエクステリアの仕事をしてきて、
これはあまりいい提案とは言えません。


こういうプランをして、
「止めにくいので、芝をはがしてコンクリートにしてください」という声を何度も聞いてきました。

直接のお客様だけでなく、
最初は、芝や砂利だったんだろうけど、あとからコンクリートをしたんだろうな。って思う外構もいくつも見てきました。


下は、私のお客様で、筑後のT様邸の写真です。
T様邸舗装
新築時、1回目の外構工事のときに、
金額を押さえたいということで、タイヤが乗るところだけコンクリートの舗装をしました。

で、数年後、写真のように舗装を追加しました。

写真わかりづらいですね。




T様邸 舗装追加部分
赤線で囲ったところが、数年後追加で工事をした部分です。


トータルで見ると、2回に分けて工事をするほうが高くつきます。
工事中の車の置き場所確保、
工事中の生活の不便さ   というのもあります。




もちろん、新築外構時の予算があるからですね。

このプランは絶対ダメとは言えないですが、
提案するときは、やはり
①止めにくさの不便さ
②あとから追加で舗装工事をしたときにトータル金額が多くなる
③デザインの自由度が制限される
④乗らない部分の芝や砂利部分から雑草が生えてくること
⑤芝なら芝刈り、砂利なら砂利が散らばること


といったデメリットのちゃんと伝えた上で、提案すべきでしょうね。

安くなるからと言って、安易にこういう提案をしてしまうのもどうかと思います。



おっ! 今日は設計的な視点でブログが書けました。


外構、エクステリアのことで、いろいろ悩まれているあなた、
シンセイ産業では、経験豊富なスタッフが多数おります。
気軽にご相談ください。

中村(穂)