スタッフブログ

コンクリートブロック積

2021年5月27日|カテゴリー「工事のこと
USER5629


今回はコンクリートブロック積状況です。遣り方→根切→クラッシャーラン

→配筋→ベースCON打設→高さ確認→ブロック積と言う手順で

進めていきます 写真はブロックを積む前に目地部のモルタルを

のせる作業をしています。このモルタルの微妙な量が重要です。
USER5631


二人一組流れ作業で後ろからブロックを積み追いかけて

いる状況です。ハンマーでブロックを水糸に合わせながら調整、

また水平器を使いながらブロックの建ちを見ていきます

ブロックが積み終わると継ぎ目、天端にモルタルを充填、

モルタルの渇きを見ながら目地を仕上げていきます 

この一連の作業を繰り返しながら、ブロックを積み増し

て行きます。簡単のようでなかなか難しいものです

熟年者ならではの仕上がりとスピードで積み上げます。


RIKパースコンテスト2021の審査結果発表!!

2021年5月22日|カテゴリー「スタッフ見聞録
こんにちは!設計の石橋です。

先日RIKパースコンテスト2021の審査結果発表がありました。

施工コンクールが多い中、パースの技術を競うコンテストはあまりないので

私達設計も一人最低一つは応募しました。

で、結果…

全敗…っ!

※こちらから審査結果を閲覧できます。

受賞作品を見た感じ、今回は全体的にレベルが高かったですね。

レベルが高いって毎年言ってるような気もするんですが、本当に今回は例年にないくらいすごかったです。

動画部門が新設されそれに伴い、CADで出来ることが増えたのが原因でしょうか。
グランプリの作品を見ると、水辺のある中庭空間なんですが、水の表現が凄まじいです。

水はCGでの表現が難しいとされるもので、ここまで表現しているのは、CADで出来ることが増えたとはいえ、大変だったのではないでしょうか。

他にも講評でもありますが、室内空間の落ち着いた明るさの表現というのはCADで表現しようとするとかなり時間がかかります。
おそらく私がやろうとしても室内が明るくなりすぎるか、暗すぎる空間になってしまうと思います。

デザインや構図、ディティールまでしっかり入力されていてグランプリ獲得もうなずけます。

グランプリ作品の他にも「コレどうやって作ってるの?」「表現力スゴッ!!」というのが多数あります。

私が今まで出来ないと思っていたことを色々やってあって、CADの可能性を改めて感じましたね。

早く我々もこのレベルに追いついて、お客様への提案に活かして行きたいですね。

車の出し入れのしやすい、梁延長のカーポート YKK エフルージュツイン50

2021年5月19日|カテゴリー「プランニングの豆知識
おはこんばんちは、設計の中村穂高です。

現在、工事進行中の現場の紹介です。

こちらでは、カーポートが少し特殊な仕様になっています。


カーポート梁延長仕様
この写真見て、どこが特殊仕様なのかわかりますか。


わかりづらいですよね。


では、アングルを変えてみてみましょう。


梁延長 エフルージュツイン
正面から。

この角度からなら、よく見るカーポートとどこが違うかわかりますか?





答えは、


梁延長カーポート
柱の位置が一般的なカーポートと異なります。


オレンジの線で描いた位置が、一般的なカーポートの柱の位置です。

こちらでは、梁を延長して柱の位置を赤い線の位置まで動かしました。


かつ柱を隠すように、機能門柱の位置を配置しました。


なぜ、このように配置したかと言うと、


『かっこいいから』  だけではありません。


写真には写っていませんが、こちら、前の道路が少々狭いのです。

ですので、車の動きを考慮すると、梁を延ばして柱の位置を動かすと車の出し入れがしやすくなります。



車の軌道
平面的に見ると・・・・・。

赤い線が、車の軌跡。


緑の◯印が通常のカーポートの柱の位置です。

そして、
青の四角が、今回の柱の位置。

緑の◯印のところに柱があるよりは、車の出し入れがしやすくなるでしょ。



運転席のドアを開けたときカーポートの柱にぶつけそう。そんな心配もなくなります。




一般のお客様は、こんなことができることを知らないからですね。

土地の形、前面道路の広さ、お客様が道路のどの方向によく出られるか、前面道路の車の交通量

そんなことも考えながら、ご提案に入れていきます。




これぞ、プロのお仕事。



カーポートのこと、外構工事のこと、シンセイ産業まで、ご相談ください。

(できれば、中村ご指名で。)


YKKさんのエフルージュについて知りたい方はこちらをクリック



新築外構

2021年5月6日|カテゴリー「工事のこと
IMG_5293
今回は新築外構のご紹介です。

重厚感、存在感のある建物が目を引きます。

お建物とのバランス、お客様のご要望、イメージを大切にすることの大切さを改めて感じることができました。


IMG_5292
自然石を使用した、門袖壁、アプローチ

鋳物門扉は宅内からの開錠が可能な
電気錠タイプに


IMG_5291
この大型鋳物門扉は圧巻です。
(こちらは手動タイプにて)

K様、お打合せ時~施工中、何度も足を運んで頂きありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。

              田川




scroll-to-top